読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいこと探しは、あえてしない。

ありがとうございます
今日は、まずお礼が言いたくてブログを書いています。
先月投稿したこの記事のこと。
 
投稿する直前まで、渋谷のカフェで友達に何度も何度もどうしようかな、やっぱりやめようかなって話していたんだけど頑張ってよかった!
 
インターネットに何かを載せるということは、誰がそれを見るかなんて本当に分からないってことだから。
 
中には私よりずっとひどい病気や他の問題を抱えている人もいるだろうな。
最近何もかも上手くいかなくて、投げやりに誰かにいじわるな言葉を浴びせたいような気分になっている人もいるかもしれない。
もしくは他人じゃなくても、何も知らなかった友達や知り合いはどんな気分になるのかな。
なんて色んなことを考えながら最後の最後まで迷っていたけど、人に勇気を出そうよって言おうとしている本人がこんなことでどうする!一生懸命書いたしあとはどうにでもなれ〜!!と思ってTwitterFacebookの投稿ボタンを押しました。
 
そうしたら5分も経たないうちにケータイが鳴り止まないほどの通知がきて、画面いっぱいにあたたかい言葉が溢れていったんです。
メッセージやコメントは、約3週間が経った今もたくさん届いていて・・・
「絶対治るよ」
「ありがとう」
「大丈夫だよ」
顔は見えなくてもひとつひとつに優しさやあたたかさを感じて、言葉ってなんて尊いんだろうと思えました。
 
ありきたりなことしか言えないけれど、本当に本当に、ありがとうございます。
 
 
いいこと探しは、あえてしない
普段からポジティブでいたいと思っている私は、何か嫌なことが起こるといいこと探しをするのが癖でした。
ちょっとしたことなんだけど、例えば1本バスを逃したら、代わりに歩けていい運動になった!とか、お気に入りのケーキが売り切れていたけど、その代わりに新しいお気に入りを見つけられた!とかそんなこと。
 
でも病気になったことだけは、いいこと探しをするのはやめようと思うんです。
このことに限っては、粛々と冷静に受け止めるしかないと思うから。
今も元気で、アメリカで夢の続きを追っていられたら。飛行機に乗って、世界中をびゅんびゅん飛び回れたら・・・
それはもちろん、そっちの方がよかったもの。
できるなら、背負いたくない運命だった。
 
仕方のないことだけど、どれだけ強くあろうと構えていてもやっぱり夜にひとりで家にいるときや留学時代の友達のSNSを見ているときにふと、ああなんで私がって思っちゃう瞬間があるんです。
今私は東京で高校生のときからの大親友と2人で暮らしているんだけれど、今まで何回かその子の前で病気のことで泣いてしまったこともあって。
 
そんなときに私を慰めながらその子がぼそっと言った、「生きてるとさ、自分ではどうしようもないことも起きるよね」っていう言葉。
 
どうしようもないこと。
 
全くその通りで、それ以上でもそれ以下でもないんですよね。
 
だから私は病気を長い人生の中で起こったひとつのどうしようもないことだと思って、その上でどうしていくのか時間をかけて考えていきたいと思っています。
 
よくなるために、できることは全部する。
ときどき悲しくなってしまうのは仕方のないことだから、そんなときは周りの優しさに少し甘えて、そして私も恩返しの優しさで返してあげる。
いつか絶対に旅の続きができることを信じて、目の前にあることに全力投球する。
 
それがいまの私にとっての、いまを生きるということなのかなと思います。
 
優しい言葉や素敵な言葉、あたたかい言葉をプレゼントしてくださった方をひとりずつぎゅーっとして、直接お礼を言えたらどんなによかっただろう!
こうして文章を書くことしかできないのがもどかしいです。
 
あたたかくなってきましたが、風邪を引かないように気をつけていてくださいね。
 
最後まで読んで下さって、ありがとうございました。